loading-dotLOADING

競馬場

中山
京都
中山
京都

R番号

1R
2R
3R
4R
5R
6R
7R
8R
9R
10R
11R
12R
1R
2R
3R
4R
5R
6R
7R
8R
9R
10R
11R
12R
1R
2R
3R
4R
5R
6R
7R
8R
9R
10R
11R
12R
1R
2R
3R
4R
5R
6R
7R
8R
9R
10R
11R
12R

メニュー

  1. 1
  2. エメラルファイト
  3. 相沢郁師○ 短期放牧を挟んだが、調教の動きからも前回より状態は良さそう。前走は相手が強かったし、ノメって力を発揮できなかった。パンパンの良馬場で見直したい。(阿部一広)
  4. 2
  5. マルターズアポジー
  6. 堀井雅師○ スワンSは最後で甘くなったが、いい走りだった。明けて8歳になったけど状態はいい。ハンデも妥当。乗り方は鞍上に任せるが、今回は2度目の騎乗。この馬の良さを引き出してくれるだろう。(椋木宏)
  7. 3
  8. サウンドキアラ
  9. 安達昭師○ 前走後も在厩で調整。昇級戦の前走もよく頑張っているけど、前に人気馬がいたし、あれ以上後ろからは運べないからね。京都とは相性が良く、ハンデを生かしたい。(西尾学)
  10. 4
  11. オールフォーラヴ
  12. 片山助手○ 前走は外枠が影響した感じ。京都は走りやすいコースだし、何度も走って悪いイメージもないからね。変身に期待。(西尾学)
  13. 5
  14. メイケイダイハード
  15. 白倉助手○ マイルでどうかと思ったが、着順以上の走りは見せた。距離2走目、直線が平坦の京都で粘りが増さないかな。(喜多村克利)
  16. 6
  17. ダイアトニック
  18. 安田隆師○ 前走はもう少しペースが流れてほしかった。折り合いはつくのでマイルが長いとは思わないし、ハンデも想定内。状態もいいので見直したい。(竹下幸一)
  19. 7
  20. ボンセルヴィーソ
  21. 池添学師○ 2走前は競り合う形で止まったけど、前走はジョッキーがうまく乗った。ああいう走りができるなら、距離延長に対応できる。京都とは相性がいいし、54キロも魅力。(津田照之)
  22. 8
  23. ドーヴァー
  24. 伊藤圭師○ 脚をためる形が板についてきた。中間の追い切りもしっかりとこなした。メンバーは強くなるが、自分の形なら通用してもいい。(椋木翔太郎)
  25. 9
  26. ストロングタイタン
  27. 兼武助手○ 最終追いはラスト重点だったが、きびきびした動き。2走前からしまいの脚を生かす形に切り替え、前走は結果を出してくれた。ここも同様の競馬で臨みたい。(増井辰之輔)
  28. 10
  29. マイネルフラップ
  30. 梅田智師○ 近走は自分でセーブする感じで、しっかりと走り切っていない。やや伸び悩んでいる現状だけど、いい脚は秘めている。ハンデ差を生かして頑張ってほしい。(津田照之)
  31. 11
  32. ハッピーグリン
  33. 長谷川浩師○ 前走は鞍上が馬のいい面を引き出し、今後へ可能性を感じさせる内容。中間は疲れを取ることを重点に調整。距離も守備範囲。自分の力を出せればチャンスはある。(西尾学)
  34. 12
  35. タイムトリップ
  36. 菊川正師○ 前走はGⅠで相手が強かったし、展開も向かなかった。距離は守備範囲。このハンデでうまく展開が向けば。(阿部一広)
  37. 13
  38. カテドラル
  39. 池添学師○ 前走は遅い流れだったことを考えれば、よく差を詰めている。この中間も順調に調整。今回もゲートの出は鍵になるけど、今は引っ掛からないので、中団ぐらいで運ぶことも可能かなと思う。(津田照之)
  40. 14
  41. ブレステイキング
  42. 森助手○ 前走は4コーナーで少し窮屈になったが、そこからしっかりと伸びた。マイルは少し忙しくて戸惑うかも。それでもコーナー2つの広いコースなら脚を使えるはず。(椋木翔太郎)
  43. 15
  44. モズダディー
  45. 藤岡健師○ 前走は決してピークという状態ではなかったけど、しっかりと勝ってくれた。体調は確実に上向き。もう右回りでも心配はない。開幕週の馬場も歓迎だろう。(藤岡敬司)
  46. 16
  47. エントシャイデン
  48. 宮内助手○ 前走は直線で前が詰まったし、どうも近走は運がない。さらにデキは上向きなので、スムーズなら変わっていい。まずはスタートを決めたい。(喜多村克利)
  49. 17
  50. メイショウショウブ
  51. 東田助手○ 使って気配は上向いている。マイルにも実績を残している。スタートが速いので、開幕週の馬場もプラスだろう。(竹下幸一)
  52. 18
  53. ソーグリッタリング
  54. 兼武助手○ 中間も在厩で乗り込んできたけど、追い切りがいい動き。京都には実績があるし、56キロで臨めるのもプラス。重賞だが、巻き返したい。(増井辰之輔)
  55. レース前コメント
※ 話し手のあとの印は取材感触。最後のカッコは取材者名